2010年03月11日

モバゲー、GREE、mixiとクリティカルマス

【Webマーケティング:リサーチ】モバゲー、GREE、mixiをすべて利用しているユーザーは全体の約1割(CNET Japan) - リサーチ/注目記事 - Webマーケティングガイド┃Webマーケティング情報ポータルサイト
3サイトそれぞれが非常にたくさんのユーザーを囲い込んでいるため、すでにクリティカルマスに達しているのではないかと思っていましたが、実はそんなことは全くなく、いつリプレイスされてもおかしくないような状態になるようです。
こうなると、各社は差別化戦略を強めていくはずですので、戦略次第では3サイトのパワーバランスが大きく変わっていく可能性もありますね。

edew公開延期と使命 | クリエイターのミカタ!
クリティカルマスポイントは、俗に言われているように、
業界・商材で決まっている・・・ワケではないのです。

mixiのポイントは、30万人を超えたあたりと言われています。2004年末頃。

一方GREEは、2006年初頭にユーザー数30万人を越えてから、若干増加に勢いがついたぐらい。これは「SNS」そのものの認知度が広まったからで、クリティカルマス通過によるものではないでしょう。


SNSのような、CGM=ユーザーの参加がコンテンツそのものの量を決めるネットメディアにおいて、いかに早くクリティカルマスを通過させるかは市場で生き残る為の最も大切な使命でもあります。


同じ条件、同じサービスにおいて生まれる「ブレイク格差」。

この差は、いろんな要因の結果生まれます。



 (1)黎明期ユーザーにオピニオンリーダーが存在する
 (2)ユーザビリティが高く、ユーザーに支持される
 (3)サービスそのものが新鮮で、他に選択肢が少ない
 (4)その業界の常識に合致している

などなど。

mixiとGREEで言えば、

 (1)当初芸能人や、人気ホームページを持つ個人がmixiの方が多かった
 (2)mixiの方が単純で、サーバの処理速度などが早くストレスが掛からなかった
 (3)SNSが日本では新しく、ネットで安全に交流が深められる手段が無かった
 (4)CGMのメリット「リアルタイム性」を強調する仕組みがmixiの方が優れていた

の差が、mixiのクリティカルマスを押し下げたと言えます。


CGMの分かれ目(前編): ぺたぺたしてってください(^^;
で、このクリティカルマスに達したのがmixiが速かった理由ですが、結局の所、後で考えてみればクリティカルマスに達するのが一番速い所に人が集まるというのがわかった訳ですが、当時(っていつ?)はそういう事を考えて積極的にクリティカルマスを越えようとするサービスが無かった。
その中で偶然mixiが一番最初にクリティカルマスを超えてしまった。
それだけの事でしょう。

前の日記のコメントでも書きましたが、@niftyも当時まだ多くの「オピニオンリーダー」であるフォーラムのSYSOPとかを抱えていた訳で、携帯なんかに色気を出さずに PC向けだけど携帯も可程度のSNSを始めて、SYSOPには無制限の招待権を与え、フォーラムをSNS内のコミュニティに移行させるような形で雪ダルマ (^^;を転がせばmixiを上回る可能性もあったのにそうしなかった。

このITmediaのコラムを書いてる伊地知氏所属のライブドアにしても、フレパで積極的にクリティカルマスを越えさせるような施策を取らなかった。
このクリティカルマスというのは、会員数もそうだけど、そこにある情報量にもクリティカルマスはある訳で、単にlivedoor IDを持ってれば会員というだけでは、人数は集まっても情報量が集まらない。
特にSNSで重要な人と人とのつながりという情報は、誰でも登録可能な形では蓄積されない。

そういった、当時としてはどのサービスも手探り状態で、クリティカルマスを超える事の重要性が認識されていなかった。そもそも、どの程度の人数、情報量がクリティカルマスなのかというのもわかってなかった中でmixiが抜け出たのはかなり偶然性が高いように思います。


モバイルSNSは2強体制から3強体制へ: 廣州ではたらく会長のここだけの話
私は300〜400万人のあいだに、モバイルサービスにおける・第一次沸点、クリティカルマスがあると常々言ってきた。クリティカルマスを超えた瞬間にマーケティング手法を変えて一気に飛躍したのは、先行したモバゲータウンを見ていればよくわかるが(クリティカルマスを超えたといってマーケティング活動に一服感を与えるのはよくない)、greeもテレビCMを展開するそうで(そんなお金あるんだ、すごいな)どういうやりかたをするのか、しばし注目してみたいと思う。一定のシェアをとった先行者のシェアを守ろうとする動きと、コミュニティーユーザーの回遊周期である2〜3年と重なるタイミングでユーザーがどういう動き方をするのか。


関連:
プロシューマ・ニュース: クリティカルマスって?
タグ:mixi
posted by rawwell at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンネット銀行、「JNB電子マネー」サービスを終了

ジャパンネット銀行、「JNB電子マネー」サービスを終了 - livedoor ニュース
「JNB電子マネー」は、ジャパンネット銀行が提供する決済サービスで、ジャパンネット銀行の口座がなくても銀行振り込みの受領が可能となる。Webで簡単にアカウントを開設でき、Yahoo! JAPAN IDと連動して利用することができる。2008年8月より、Yahoo!オークションで利用できる電子マネーサービスとして利用されていたが、電子マネーを取り巻く法規制の環境の変化等を検討した結果、サービス終了の決断に至ったという。


JNB電子マネー2010年3月末でサービスの提供終了 | SBIポイントユニオン
楽天のように様々な用途に使え、Edyとの連係も積極的に行うのに対して、Yahoo!ポイントは充分ユーザーの満足度を満たしてはいないのかもしれません。 今回のJNB電子マネーサービスの停止もそれの現れといえるかもしれません。
タグ:Finance
posted by rawwell at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

eBook戦争の行方を占う―Amazonが後に引けぬ理由

eBook戦争の行方を占う―Amazonが後に引けぬ理由
Apple iPadがまだ出荷もされていないにもかかわらず、すでにAmazonはさまざまな手段でKindleのeBookビジネスを防衛する必要に迫られている。Amazonはすでに古くさい印象のKindleをリフレッシュするためだろうが、タッチスクリーン技術を開発しているスタートアップを急遽買収した。iPadの出現に勢いづいた出版社は、現在Amazonでは最高$9.99でしか販売できないeBookの価格をiPad同様、$14.99で販売させるようAmazonに迫った。Amazonはこれに降伏せざるを得なかった。以前は傲慢な態度だと批判されていたKindleチームだが、強力なライバルの出現に、出版社との関係を修復すべくあちこちで譲歩を余儀なくされているようだ。「Amazonの態度が明らかに変わった」とある編集者は語っている。

今後、AppleとAmazonの戦争はいろいろな方面で起きるだろうが、Appleが本当にAmazonの痛いところを突けるのは価格だ。 AppleがiTunesでやった一曲一律99セントという戦略を模して、AmazonはKindleストアでベストセラーは一律$9.99という価格戦略を採った。単一価格は新しい製品市場を立ち上げるには適している。その価格が従来の物理的な媒体より安価な場合は特にそうだ。デジタル音楽の世界では一律99セント戦略はうまく働いた。しかしAppleはeBookではAmazonの意表をついて、出版社に値付けの自由を与えた。そこで Macmillanは$14.99で販売できるようにすることを要求し、NewsCorpのRupert Murdochも傘下のHarperCollinsについて同様の不満を漏らしている。


その点でAmazonのeBook戦略はつまづいた。Amazonは5%のベストセラー市場で損をしても、それによって顧客をeBook市場に呼び寄せ、Kindleストアでやがて他のタイトルを買わせることで全体として利益を最大化しようとしていた。典型的な「損して得取れ」戦略である。 Amazonは送料無料サービスと同様、ベストセラーで損をしてもユーザーを引付けマーケットを拡大することで元を取ろうしていた。

Mahaneyに試算によると、Amazonは今年350万台のKindle、1億冊のeBookを販売できる見込みという。Kindleの本体と eBookの売上合計は($9,99だとした場合)、$1.9B(19億ドル)に上る。これは2010年のAmazonの売上予測全体の5%にあたる。もしAmazonが$9.99という価格を守れなければ、1億冊を売るのは難しくなる。それに加えて(要するにベストセラーを非常に安い価格で買えるのが Kindleの主要な魅力だったので)Kindlesの売上も減少するだろう。Kindleの売上が100万台減るとAmazonの売上全体が1%減少する(Barclayアナリスト、DouglasAnmuthの推定では今年のKindleの売上は300万台にとどまるだろうという)。さてiPadは KindleとKindleストアのeBookの売上をどれくらい減らすことになるだろうか?

タグ:Amazon
posted by rawwell at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミクシィ下方修正 「mixiアプリ」急成長もコスト重く

ミクシィ下方修正 「mixiアプリ」急成長もコスト重く - ITmedia News
ミクシィは2月5日、2010年3月期通期の連結利益予想を下方修正した。営業利益は当初予想より6億円減(-18.8%)の26億円に。「mixiアプリ」が想定以上にヒットした結果、アプリケーションプロバイダーに支払う費用がかさんだことが主な要因だ。


だが想定を上回る急拡大が収益の重荷に。mixiアプリは「アドプログラム」として、1PV当たり0.01〜0.05円をアプリケーションプロバイダーに支払っているが、この費用が通期で想定を約6億5000万円上回り、8億円となるほか、サーバ・回線コストも想定を約1億5000万円上回った。  今後は広告販売を本格化するほか、昨年12月に公開した課金API「mixiペイメントAPI」(1月末時点で24アプリが利用)を通じた課金アプリも広がっていく見通しで、ゆるやかに収益化させていく計画だ。2月5日現在の登録アプリ数はPCが約780、携帯が約330。
タグ:mixi
posted by rawwell at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

IBM Project Vulcan=Google Wave+Facebook+BI

IBM Project Vulcan=Google Wave+Facebook+BI (1/2) - ITmedia News
Vulcanは複雑で扱いにくそうだが、うまくいけばIBMと同社の顧客にとって非常に価値が高い製品になる可能性もあるというものだ。今のところ、このような製品を提供しているベンダーはほかにないからだ。  
その理由の1つとして、連係すべきコラボレーション、ソーシャルアプリ、BIアプリのスイートを自前でそろえている企業がほとんど存在しないことがある。こういったアプリケーションを連係するだけでも非常に困難だ。さらに、異なる企業のサイト間でそれを実現しようとするのは至難の業だ。不可能ではないにせよ、何年もかかるだろうし、しかも非常にもろいものになるだろう。それゆえ、Vulcanが極めて特別な存在になる可能性があるのだ。
タグ:business
posted by rawwell at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ソニー、人事・経理業務を日本IBMに委託

このようなバックオフィスのアウトソーシングに関して
今後の動向に注目してます。

ソニー、人事・経理業務を日本IBMに委託 - ITmedia News
ソニーは1月15日、ソニーと国内子会社の人事・経理業務の一部を日本アイ・ビー・エム(日本IBM)に委託すると発表した。構造改革の一環。  
国内のソニーグループ向け人事サービスなどを担当するソニー・ヒューマンキャピタルの人事サービス事業の一部を分社し、ソニーと日本IBM、マンパワー・ジャパンの3社で合弁会社を設立。日本IBMは国内は新会社、海外は中国・大連を拠点としてソニー向け人事・経理業務を行う。
タグ:business
posted by rawwell at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

2010ブラック企業就職偏差値ランキング

最近何かと話題にあがるこのトピックについてメモ。

最新ブラック企業就職偏差値ランキングver.20091228 : 地方の印刷会社Webディレクターの日記

2010ブラック企業就職偏差値ランキング20
154 :就職戦線異状名無しさん:2009/12/28(月) 07:09:16
    【2010年度】最新版
    ■■2010ブラック企業就職偏差値ランキング■■
    殿堂【祝】NOVA ダイナシティ SFCG[商工ファンド] エスグラントコーポレーション ロプロ[日栄]【倒産】
    75 モンテローザ ゼンショー IEグループ(光通信・ファーストチャージ・ニュートン・セプテーニ等) 東京コンピューターサービス[TCS] ラディア  
    74 オンテックス 先物取引[外貨証拠金取引]業界 浄水器販売会社(OSGコーポレーション等) 佐川急便 サニックス
    73 SEL&MST SMG 大創産業 中央出版系列(大成社等) 丸八真綿
      ファイブフォックス[コムサ] 人財開発[東京コンサルティンググループ] ジャステック
    72 インテリジェンス アビバ 大塚商会 パチンコ業界(大手メーカー除く) ウィルプラウド株式会社 ベンチャーセーフネット[VSN] フォーラムエンジニアリング
     消費者金融 セブンイレブン TV番組制作会社 MIT 零細出版社 編集プロダクション アドービジネス
    71 楽天 トステム 再春館製薬所 外食産業(モンテ別格) 綜合警備保障[ALSOK] ソフトバンクBB(販売職) アルプス技研
     富士火災 フルキャスト 毎日コミュニケーションズ 富士ソフト[FSI] 大王製紙
    70 証券リテール営業 アールビバン ジェムケリー 家電小売業界(ヤマダ等) 引越業界(サカイ等) セントラル警備保障[CSP] MKタクシー 船井電機 三浦工業
    69 JTB 生保営業 大正製薬 丸井 レオパレス 大和冷機工業 着物販売会社 トランスコスモス
      人材派遣・業務請負業界(ラディア・フルキャ別格) 日本電産 セコム[SECOM]
    68 宝飾業界(ジェムケリー別格) アパレル販売(外資除外) 小売[流通]コンビニ業界(大創産業・セブン・家電小売業界・丸井別格)
      ソフトウエア興業 オービックBC 早稲田アカデミ- コア 陸運業界(ヤマト・日通等/佐川別格)
    67 メイテック[MEITEC] 自動車販売会社(ネッツトヨタ等) OA系販売会社 HIS 富士薬品 伯東 ニチコン
    66 ローム マンションデベロッパー(不動産販売系) 人材業界
    65 旅行代理店(HIS別格) 日本食研 USEN サイバーエージェント 伊藤園 メノガイア
    64 ベンディング会社 テレウエイブ TOKAI(ザ・トーカイ) エンジャパン
    63 印刷業界(最大手含む)SE(下流・下請・独立) FIT産業 東京青果
    62 京セラ OTC-MR 受験産業(塾・予備校・通信教育等/中央出版系列・早稲アカ別格) MR(中堅以下)
    61 住宅販売会社(積水ハウス、大和ハウス工業等) 交通バス業界
    60 ノエビア ホテル業界 下位リース業界 ソフトバンク
タグ:business
posted by rawwell at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンビニのフランチャイズシステムについて

非常に説得力があったので言及させていただく。

フランチャイズシステムについて現場のオーナーがなんかゆってみた - G.A.W.


で、俺みたいに経験があって始めたオーナーはともかく、大多数のオーナーはそうではない。ごく主観的な印象なんだけど、会社勤めでそれなりに実力を認められるようなタイプの人であれば、店やってもそう失敗しないと思うのね。つまり、自分の持ち時間、スケジュールなんかをきちんと把握し、自分の能力を高め、全体として「客を呼べる店にするためにはどうしたらいいか」っていうことを考え続けて、それなりに努力できる人。でも、会社社会でもそうであるように、成功できる人って一部なわけ。


次にやばいと思うのが、初期教育の不徹底。だって、店をひとつ経営するんですよ。いかに仕入先の開拓とか必要ない、端末みたいなものに数字入れれば発注完了、売れるものと売れないものの区別は本部がやってくれるったって、店の運営はそれだけじゃない。最近はファミマなんかが人材育成に力を入れてるらしいですけど、基本的には、アルバイトの教育は素人オーナーがやることになる。店がオープン時にどれだけの力を持ってるかっていうのはとても重要なことなのに、初期状態で、そこが危うい。こりゃおかしいですよ。

 もちろんチェーン本部もなにもしてないわけじゃない。たとえばスリーエフやミニストップなんかは、直営店で嘱託社員みたいなかたちで1年ほど働いてから独立、なんて制度もある。ローソンにも既存店舗のオーナーから、一定の資格を持つ人をオーナーとして推奨する独立支援制度なんかがある(この場合、加盟金は半額)。セブンはしらね。そうやって独立した人の成功率に限ってみれば、相当に高いはずなんですね。

 だけど、一般のオーナーはわずか数日の泊まりこみの研修と、直営店での2週間足らずの研修、あとオープン前の1週間程度の研修、そしてオープン後に、本部の指導員が1週間ほどついてくれるだけ。これで経営のなにをわかれっていうの、って話。

 フランチャイズが大きくなってくる過程では、大量の「経営者」を必要とするのはまあ確かでしょう。そのためには敷居を低くするってのもね。こうして素人オーナーが乱造されて、確かにオープンアカウントだのロスチャージだのグレーゾーンがたくさんあるシステムながらも、やりようによっては儲かるってことも知らずに玉砕していく。
タグ:business
posted by rawwell at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

遊んでばっかで勉強が足りないことの弊害

id:kawangoさんのブログは全て釣りエントリだと思いますが
あえて全力で釣られてみます。

個人の才能とはいったいなにか - はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記

さて、今回のエントリではふたりの間違った考えそのものよりも、ふたりがなんでこんな間違った考えをもつにいたったのかについて根本的なところから神の視点で議論していきたいと思う。

端的に申し上げると、ふたりとも受験勉強のやりすぎである。

ふたりの学歴なり経歴は残念ながら知らない、また興味もないので、ググるのはカスなみなさまに任せるとして、ここでは彼ら二人が、高学歴かつ
受験戦争の不幸な被害者という前提で話をすすめることにする。
「神の視点」から恣意的な「前提」を元に議論を展開するのですね、わかります。
20人で1兆円儲かる会社があらわれるという妄想がばからしいのは、ゲームのルールをきめているひととゲームのルールの中でプレイしているひとがいるという基本的な事実を無視しているからだ。資本主義というゲームのルールをきめているひとたちと関係のないところで、個人の才能(笑)によって、そんな企業が出現するとしたら、それはルールのバグが発見されたにひとしい。

大きなバグは速やかに修正されてあたりまえだ。修正されないためにはルールを決めている側に参加できるかどうかが鍵になる。

資本主義は「バグ」だらけであるというのは周知のことだと思う。
そしてこの規模の「ゲーム」の「バグ」が「速やかに修正される」はずということこそ「妄想」ではないだろうか。

「20人で1兆円儲かる会社があらわれる」という表現は誇張が含まれてるとしても
これを妄想と言い捨てるのはどうかと思う。
たとえば、OvertureのPPC(Pay Per Click)のような特許により
その収益が莫大なものとなる可能性は十分考えられる。

また、YoutubeがGoogleに買収された当時
従業員数が70人程度だったことを考えると、
会社の規模もあまり問題にならないのではないだろうか。

なお、「修正されないためには〜」の文章は日本語的に意味が通じないと思う。
また、社会の中でゲームのルールをつくり維持するというのも大変な作業だ。

個人の才能だけで、大きなリターンを得ることを目指すという考え方は、社会のゲームの隠れたルールをうまいこと見つけて利用するということだ。その発想に社会には貢献するという考えかたはない。

個人の生き方としてはありでも、社会的には賞賛されるべきものではない。

大きなリターンを得る過程で、企業が雇用を創出するのであれば

それは十分に「社会に貢献」することであり、「賞賛される」べきものではないのであろうか。

ということで、そろそろてきとーな結論でこのエントリをまとめるとする。

勉強ばっかしないでWorld of Warcraftでもしろ

ということで。


合わせて読みたい:

おい、kawango、本当の受験勉強をおしえてやる - ひがやすを blog
東大の理三に入るような受験というピラミッドのトップにいる人を除いて(知らないけど理三の中にもミニピラミッドがあるのかも)、ほとんどの受験生は、自分がどんなに努力してもかなわない人がいることを受験を通じて感じているはず。だから、受験での経験を通じては、「優秀な人間は、うまくやれるはずだ」という思考パターンにはなりにくいんじゃないかと思います。

彼らがそのような思考パターンを持っているとするなら、受験以外で身につけた可能性が高いんじゃないかと思います。

まあ、そろそろてきとーな結論でこのエントリをまとめることにします。

勉強ばっかしないでドラクエでもしろ

ということで。
タグ:business
posted by rawwell at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

「SOHO環境」に問題はありません?

これはいいまとめ。

まとめ : 副業に手を染めたいアナタへ贈る11選 : ライフハッカー

■ ちなみに、「SOHO環境」に問題はありません?
効率的なSOHOを実現するための3つの条件
ホームオフィスを快適にする10のTIPS
連載シリーズ「仕事場探訪」の記事一覧
ワークスペース整理術+それを維持する方法

タグ:lifehack
posted by rawwell at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

フィードバック学習あり広告の可能性

なんぞこれ。
手法が鮮やか過ぎてびっくりしました。

C-teamで作るバナー広告の効果がスゴすぎてひいた話 : ロケスタ社長日記

C-teamはクラウドソーシングでバナーをたくさん作ってもらいます。クラウドソーシングとは、一般のユーザーにネット経由で仕事を手伝って貰う、というイメージのものです。

ここでだいたい200個くらい作ってもらいます。

そして審査を通ったものを、まず、ひたすら出稿先に表示してみます。

その中で、クリック率が高いものを、独自の最適化技術で表示回数をあげていく、というものです。単にクリック率が良いものを表示するだけではなくて、いろいろ入れ替えたりして最終的に効果が最適になるような仕組みになっています。
posted by rawwell at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

nanacoポイントの交換レートが悪すぎな件

ANAマイルをnanaco電子マネーに交換可能 | eMoney touch!!
交換レートは、
アイワイカードポイント3000ポイント→nanacoポイント3000ポイントで、一方通行のサービスです。
nanacoポイントを電子マネーに交換する際には手数料(101ポイント→100円分)がかかるので、厳密な等価交換とは言えませんが、nanacoポイントとアイワイカードポイントは同価値のようです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アイワイ・カード・サービスはANAとポイント提携しています。
アイワイポイント3000ポイント→ANAマイル1000マイル
タグ:mileage
posted by rawwell at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

リンク入手のためのブログ育成

この手法は初めて知った。
一時期バズマーケティングなんて言われていたが、
これは面白い試みだと思う。

有料リンクだとみなされることなくリンクを手に入れる8つの方法(後編) | Web担当者Forum

8. ブログの育成

基本的な考え方ブログの執筆者、運営者、プラットフォーム、コンテンツを支援することにより、独自のブログを育成する。

手順まず、ブロガー募集の広告を掲載する。そして、ブロガーが所有し運営できる ブログを、開発チームに特別に構築してもらうか、あるいはブロガーたちが自分で構築するのを支援しよう。さらに、ブロガーたちにマーケティングに関する計 画や訓練を提供することで、彼らが身内だけの狭い範囲を超えて成長し、リンクジュースを獲得して検索順位を向上させる方法を理解できるようにする。それが 済んだら、ブログの記事、リンク、メッセージングの予定や目標を設定してから、サイトを開設しよう。

posted by rawwell at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

09年夏までにドル崩壊??

田中宇の国際ニュース解説

11月17日、米ワシントンDCでのG20金融サミットが具体的成果をあげられずに終わった2日後、欧州のLEAP/E2020(2020年の欧 州)というシンクタンクが「ドルを基軸とした今の国際通貨制度(ブレトンウッズ体制)は、根本的な改革がなされない限り、09年(来年)夏までに制度崩壊 する。この体制の中心にいる米英が急速に弱体化し、米財政は破綻して、世界は非常に不安定になり、戦争や暴動が起きる」「世界がドルを見放したら(米国債 を買わなくなったら)、通貨制度改革の交渉もできなくなり、手遅れになる。世界の指導者は、3カ月以内に現状を把握し、6カ月以内に対策を決定する必要が ある」などとする予測を発表した。(関連記事

 LEAP/E2020は、今回の世界的な金融危機が起きることを察知した欧州の分析者が、2006年1月に作ったシンクタンクで、07年 夏に金融危機が起きる前から、米不動産市況の崩壊による危機の懸念、ドルや米財政の潜在危機などを指摘し続けてきた。06年3月に米連銀がドルの通貨供給 量M3を発表しなくなった直後、すでに「ドルが危機的状態に入ったので、連銀はM3発表を止めたのだ。いずれドルは崩壊する」と指摘していた。(関連記事

 07年まで、米経済は表向き好調だったので、米経済の崩壊を予測した彼らは当初、多くの「専門家」から酷評中傷されたという。(同時期には、すでに米英発の情報を詳細に分析すれば、経済危機の潜在を察知できたので、私も06年1月に「アメリカ発の世界不況が起きる」という記事を書き、最近まで酷評中傷・与太話扱いを受けていた)(関連記事

 彼らは、今年6月16日には「今年7月から12月末に、世界システムの危機は佳境に入る」との予測を出している。その後、9月にリーマン ブラザースやメリルリンチなどが相次いで破綻し、米国の金融危機は財政危機と大不況を併発して急拡大し、まさに予測どおり、世界システム(覇権システム) の危機は佳境に入った。彼らがこの予測を出した時期は、リーマンブラザーズが最初に危機に陥った直後で、リーマンは連銀の救済融資を受けて延命したが、い ずれリーマンは危なくなると感じられたころである。(関連記事その1その2

(彼らの予測のうち、経済面は鋭いが、政治面は今一つだ。10月までにイランが空爆される確率は70%、という予測は違った。エジプトなど の政権崩壊の可能性60%、というのも外れている。イスラエルが和平傾向を強め、状況が変わった。とはいえ最近、イスラエル軍は米国に反対されてもイラン を空爆する準備を始めたとか、ペルシャ湾外に米空母が再結集しているという話が出ており、イランが空爆される可能性はまだある)(関連記事その1その2

▼頼りにならない中国

 そのようなLEAP/E2020が「6カ月以内のドル崩壊」の予測を出したのは、重視すべきことである。彼らは、ブレトンウッズ機関 (IMF、世銀)の根本的な改革がなされれば、通貨制度の崩壊は防げると言っている。これは、11月15日のG20会議のテーマでもあり、私なりに理解す ると、基軸通貨がドル一極の状態から、ユーロ、円、人民元などを含む多極的な状態に拡大する方向でブレトンウッズ体制が大変革されれば、ドルが信用を失墜 しても、国際通貨体制はソフトランディングしうる。

 しかし今のところ、国際通貨体制は軟着陸しそうもない。たとえば軟着陸には、世界有数の富を蓄積するようになった中国人民元の切り上げ や国際化が必要だが、中国政府が最近採った方針はむしろ逆に、ドルに対する人民元の為替上昇を止める「切り下げ」の方向である。人民元の対ドル為替相場は 一定の変動幅の範囲内で動くように中国政府が市場介入しており、以前は変動幅の上限に貼りつくことが多かったが、最近は下限に貼り付く事態となっている。 中国政府は人民元安を誘導している。(関連記事

 9月のリーマン倒産以来、米欧市場の需要を底上げしていた金あまりを支えていたレバレッジ金融の崩壊が急に進み、10月から米欧市場の需 要は急減して不況に突入した。中国から米欧への輸出も大幅減となり、広東省などでは工場閉鎖が相次ぎ、失業が急に増えて中国社会は不安定さを増している。 中国は、多様なので不安定になりやすい国だ。中国政府は、国内の安定を最優先せざるを得ず、国際通貨体制の事情につき合う余裕がない。(関連記事

 人民元の切り上げを望む米欧の要求は無視され、中国政府は人民元をできるだけ切り下げ、米欧に対する中国製品の価格競争力をつけて、輸出 産業の復活と失業の抑制を狙っている。中国政府がこうした姿勢をとる限り、人民元の国際化は進まず、通貨の多極化も起こらず、国際通貨体制は軟着陸できな い。ドルのハードランディングは不可避となる。国内事情を優先する中国政府の姿勢は、米欧から自己中心的だと批判されている。「1930年代の大不況時、 主要国が世界全体のことを考えず、自国経済を守るために通貨切り下げ競争に入り、40年代の第二次大戦を引き起こしたのと似た状況になっている」と指摘さ れている。(関連記事

 中国政府は11月、中国に内需拡大を要求する米欧の圧力を受け、6000億ドル(4兆元)の内需拡大用の財政支出を行うと表明した。しか し、その大半は、政府自身が出さず、省などの地方政府に「地方政府の予算で需要喚起のための財政支出を増やせ」と命じるだけのもので、実際に地方政府が支 出を実行するかどうかは非常に怪しい。中国経済は成長が減速しており、世界経済の牽引役となること期待するのは無理だとという論調が出ている。(関連記事その1その2

 世界経済の現状は、通貨の多極化も、消費の多極化も、遅々として進まない。このままだと、ドルに代わる基軸通貨体制が決まらないまま、ド ルに対する国際信用が失墜し、米国債が不履行になって長期金利が急騰し、ドル建ての石油や金や食料の価格が高騰してインフレが再燃する。世界経済は大混乱 し、戦争や暴動が起き、LEAP/E2020が予測する事態が起きうる。

▼自作自演の米国債買い取り

 ドルは、延命する可能性もある。ドルの破綻は、長期米国債が売れなくなるところから始まりうるが、米連銀は最近「量的緩和策」の一環とし て、米国債が売れ残る事態に備えて、連銀があまった米国債を買い取る新政策を検討している。名目上、連銀は政府から独立した機関であり、ドルの輪転機を回 して刷るだけで米国債を買うことが可能だ。(関連記事

 すでに連銀は、金融危機対策として民間債券を買いまくり、この1年間で3倍の資産膨張をしている(連銀資産は1兆ドルから3兆ドルへと増えつつある)。この策の拡大版として、民間だけではなく政府の債券を買うのが、今回の新政策だ。(関連記事

 このやり方をすれば、毎回米国債は完売し、長期金利の上昇という財政破綻の兆候も出現せず、ドルは崩壊しない。連銀が米国債の購入を検討 していると発表した直後、長期米国債の売れ行きが急に良くなり、長期金利が下がった。米国と同様に財政赤字が急増している英国の中央銀行も、同様の延命策 を検討している。(関連記事

 しかし連銀は事実上、米政府の機関である。財務省が売り出す米国債を連銀が買うのは、自作自演の錬金術であり、ドルの発行者である連銀の 信頼を失墜させる。数カ月から1年ぐらいは延命できるかもしれないが、その後に起きるドルに対する信用失墜の表面化は、手に負えない巨大なものになる。

▼悪ガキに乗っ取られた国連が世界を救う?

 今週は、国連(DESA+UNCTAD)も「来年は、ドルのハードランディングがあるかもしれない」と予測する報告書(World Economic Situation and Prospects 2009)を発表した。報告書によると、今はまだ、株や債券から逃避した資金が米国債に向かっているのでドルは安泰で、経済減速がデフレの傾向を生んでい るが、これが一段落すると、ドルに対する不安が主たる懸念になる新事態に転換するかもしれず、そうなるとドルは早ければ来年(09年)、他通貨に対する急 落やインフレを引き起こすかもしれない。(関連記事

 国連は、この報告書を毎年発表しており、昨年や一昨年から、米国の貿易赤字拡大や、米住宅市況の悪化が引き金となって、ドルはハードランディングするかもしれないと予測されていた。今のところ、予測は外れているが、今後はわからない。(関連記事

 IMFと世界銀行という「ブレトンウッズ機関」(1944年のブレトンウッズ会議で設立された機関)は、国連の機関である。国連では今、 中南米(ニカラグア)左翼出身のミゲル・デスコト・ブロックマンが国連総会議長となり、彼を中心に、発展途上国の代表が国連を牛耳り、従来の米英中心体制 をぶち壊しにかかっている。国連は、左翼とイスラム主義者に乗っ取られている。以前に書いた「国連を乗っ取る反米諸国」の流れである。

 国連総会を掌握する彼らは、安全保障理事会を中心とした従来の国連の意志決定メカニズムを壊している。彼らは、総会の下にある「社会経済 理事会」の傘下にIMFと世銀を組み入れる新体制を計画中で、欧州がIMFトップ、米国が世銀トップを出して米欧がIMFと世銀を支配していた、従来の構 造を終わらせようとしている。(関連記事

 左翼やイスラム主義者に乗っ取られて機能不全に陥っているかに見える国連だが、その国連は、ドルのハードランディングを防ぐための方策を 提案している。11月29日、中東カタールのドーハで、国連の経済会議(開発資金会議)が開かれた。この会議は2002年の途上国経済発展に関する「モン テレー合意」の実行を総括することが目的だが、モンテレー合意には、国際金融システムの改革も含まれている。(関連記事

 会議に際して記者会見したデスコト国連総会議長は「従来の国際金融システムは、もはや機能していない。新たな金融システムを作る必要があ る。新たなシステムを作るための国際会議を、来年3月に開くことにした。世界のすべての国家元首に招待状を出す」と発表した。これは、提案のされ方から考 えて、11月に米ワシントンDCで開かれた「第2ブレトンウッズ会議」の続きである。国連を乗っ取った左翼やイスラム主義者たちは、新たな国際通貨体制を 作ろうとしている。しかし、彼らにそんなことができるのだろうか。(関連記事

 ドーハの国連会議には、IMFも世銀もトップが来ず、主導役はみな発展途上国の代表だった。記者会見したデスコト総会議長は、IMFと世 銀の欧米人トップたちの不参加を批判した。どうも欧米人たちは、国連を途上国の勢力に乗っ取られたことが不満で、ドーハ会議を欠席したかのようである。し かし同時に、フランスのサルコジ大統領や、ロシアのメドベージェフ大統領といった多極主義系の主要国の首脳たちは、デスコトのやり方を評価している。(関連記事その1その2

 多極主義者たちは、米英の影響力から最も遠い勢力である中南米左翼やイスラム主義者といった発展途上国の代表たちに、国際通貨制度の作り 直しを任せる戦略をあえて採っているのだろうか。国連を乗っ取っている途上国の連中は、教師(英米)がいなくなったすきに教室の後ろの方で大騒ぎしている 悪ガキのようにしか見えないが、実はニューヨーク資本家筋の、世界システムを知り尽くした連中が、こっそり入れ知恵をしているのかもしれない。(かつてロ シア革命にトロツキーを送り込み、「世界革命」によって英国の覇権体制を壊そうとしたように)(関連記事その1その2

 あるいは、世界を多極化するために不可欠な米英中心体制の崩壊を間違いなく引き起こすために、意図的に未経験で無能な勢力に国際社会の運 営を任せているのか。どちらにしても、世界の運命は「途上国の悪ガキども」の手に握られている。この現状自体が、国際政治のダイナミズムを示しているとも 感じられる。しばらくは、国連の動向から目が離せない。

タグ:Finance
posted by rawwell at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年内に韓国や東欧経済が突如破綻なんてこともありえるかも

切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog: ビッグ3救済案を葬り去るとは、アメリカ上院はかっこ良すぎる

 結局破綻なんだそうで、この数日の楽観ムードは何だったんだよという話ですが。

Auto bailout fails
http://www.reuters.com/article/politicsNews/idUSTRE4B50CL20081212
Rescue Bid for Detroit Collapses in Senate
http://online.wsj.com/article/SB122903816924599853.html

 「あの程度の金額を投じても救えないけど、政治的にもいろいろあるわけだし、諸般ご調整のうえ、右見て左見て手ごろなところで決着しましょう」というジャパニーズ視点からすると驚愕の救済法案決裂。

 あんだけ膨大なレガシーコスト抱えていつまでも政治的救済に頼るよりは、一度11条でも挟んで身軽になってから救えるところだけ救おうかという割り切りが凄いです。案外、正しい選択だったかもしれない、目先の心理は冷えまくるけど(笑)。

日経平均、大幅反落 終値484円安の8235円、米自動車の救済難で
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081212NTE2INK0612122008.html

 12月2日が再建案提出シメだったわけだから、そこから10日ぐらい経過して、結局「これじゃ駄目じゃんw ハイハイ破綻破綻」で終わらせるあたりがさすがカウボーイ。痛みに耐えまくり。この政権のうちに、膿は全部出しておこうというハラなんだろうけど、膿と切り捨てられるレガシーな自動車業界従業員の皆様はお疲れ様ですとしか言いようがないな。

 で、救済案が通ると見てアホほどビッグ3に投資傾注してたファンドがまた即死しそうなわけですが、今夜がお通夜で明日は告別式って感じなんでしょうかね。

 直接は関係ないけれども、抱えSIVで関連投資の損失を飛ばしていたあんな大手金融やこんな大手金融もいよいよ処理しなければならないぐらいの状況に陥るはずです。年内にあっと驚く救済されたはずの大手金融機関や保険かかんなくなる韓国や東欧経済が突如破綻なんてこともありえるかもしれない。取引や債務債権関係による連鎖秩序だった予測よりも、絶対値として引き潮に耐えられないところから順番に落ちる類かもしれないですなあ。

 一方、我が国は宰相が「漢字読めない」で野党に批判されてたりします。いやはや。

タグ:Finance
posted by rawwell at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金を買うタイミング

カイロも安くなる?-Wings of Liberty

米国ビッグ3の救済法案は事実上破綻して、

ドルの失望から再びドル円は88円台をつけた。

まあ、どっちにしても破綻だから全て予想範囲。

GMが逝けば、82円までは軽くいく。

そんな騒ぎの中、本日も注目すべきことがあった。


金と白金の価格が逆転したのだ。

これも史上、驚くべきことである。

希少価値の原則に反することだからね。


で、この事象は何を意味するのかです。

原油下落につられる商品デフレで中で、

金だけが不自然なほどに買われていることを意味している。


しかし、金は本日もテクニカル予想通り。

来週、大幅下落が濃厚でつ。

まるで某首相の支持率のよう。

金が$550に近づいたら白金、全力買いするかな?
タグ:Finance
posted by rawwell at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来年のバレンタインデー頃までは円最強か

史上初です-Wings of Liberty


死ぬまでにこんな状況を目にするとは思いませんでした。


「米短期国債の利回りがとうとう史上初のマイナス圏に突入」


で、米国MMFは金利0%。今後、MMFはマイナス金利。

誰も買わない米国短期国債。誰も買わないMMF。

どうなってくかは大体わかるよなぁ。


でも、NYSEは本日買いサイン。ここ笑うとこです。

日経もしばらく吊られて上がるけど、だましに注意です。


一方のドル建てゴールドはテクニカル通りの動き。

来週から激しい値動きは下に見えるがドル指数が下落だと急騰か?

わかんね。


ビッグ3の救済、AIGの救済でドル安は再加速。

やはり来年のバレンタインデー頃までは円最強っぽい。

まあ円は、決算期後に奈落の底っぽいんだけど。
タグ:Finance
posted by rawwell at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円相場82円へ?

750兆円ですか・・・-Wings of Liberty


米国政府はCitiにさらに資金供給と債権保証です。

で、米国政府が昨年から救済したその額には驚く。

2.4兆ドル:FEDによるCP買取
2.0兆ドル:FEDによるその他のローン貸出
1.4兆ドル:FDICによる預金保護の追加
8920億ドル:TARP&Paulson分
3000億ドル:FHAの住宅差し押さえ対策
4440億ドル:FDICの住宅プログラム、含む住宅差し押さえ対策、
0.4兆ドル:その他
-----------------------------------
計7.8兆ドル

約750兆円ですね。これでも96円/$を保ってるドル円。

為替、不自然でおかしすぎですね。間接介入すげーよ。

年末に向け一気に82円ぐらいにいくと思うけど、どうでしょね。

というよりGoldがダブルボトムをつけたので、Goldの急騰の方が先かな?
タグ:Finance
posted by rawwell at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

金融機関の共食いを容認する米当局

米金融界が米国をつぶす

 これだけの話でも、すでに米政府は十分に自滅的だが、11月25日のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)には、もっと破壊的な話が載った。そもそもシティグループの株価が急落して破綻しかけたのは、同業他社の金融機関がよってたかってシティのCDS(債権の保険)の料率をつり上げて見かけ上の倒産確率を引き上げ、その上でシティの株を空売りするという、シティを潰して儲けようとする行為を行ったからだと、記事は指摘している。

 WSJの記事が直接検証したのは、シティより2カ月前に同様の手口で潰されかけたモルガンスタンレーのケースである。WSJが「Anatomy of the Morgan Stanley Panic」(モルガンスタンレー危機の解析)という記事で報じたところによると、08年9月15日のリーマン破綻の2日後、リーマンと同業の投資銀行であるモルガンスタンレーの株価が急落し、倒産確率を示すCDSの保険料も高騰し「次はモルガンスタンレーが破綻しそうだ」という状況が市場で醸成されたが、これは投機的な策略の結果だった。(関連記事)

 メリルリンチ、シティグループ、ドイツ銀行、UBS(スイス)、カナダ・ロイヤル銀行など、米欧のいくつかの銀行やヘッジファンドは、モルガンスタンレーのCDSを意図的に高い価格で売買して料率をつり上げて、倒産確率が上がっているように見せかけるとともに、モルガンスタンレー株を空売りしておき、株の急落で儲けたと、記事は指摘している。モルガンスタンレーのCDS料率の上昇を見た多くの投資家が、同行の株を投げ売りしたが、破綻には至らなかった。

 そしてWSJの記事によると、同じ手口はベアースターンズ(今年3月)や、リーマンブラザーズが破綻する直前にも行われ、2行を破綻に至らしめた。そして最近では、シティグループに対しても同様の手口が行われたと、記事は書いている。シティは、モルガンスタンレーの時には加害者だったが、2カ月後には被害者となった。

 この記事を読んで私が考えたのは、こうした金融機関どうしの共食い状態に、米当局はどう対処したのかということだ。財務省や連銀、証券取引委員会などが、この事態を知らなかったはずはない。日本なら、ある金融機関が他社の株を空売りして、他社を潰してでも儲けようとしたら、すぐに当局がその動きを察知してやめさせるはずだ。

 かりに、08年3月のベアースターンズ破綻時に、米当局がCDSつり上げと株空売りの策略に気づかなかったとしても、その後の調査では気づくはずで、9月のリーマン破綻やモルガンスタンレー危機が繰り返されるのは全く奇妙だ。私が考えざるを得なかったことは「米当局は、ベアスターンズやリーマンが金融機関の共食いによって潰されることを容認した」という見方である。
タグ:Finance
posted by rawwell at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

シティ救済で200億ドル追加注入

「瀕死のシティ救済で200億ドル追加注入 米政府が深夜の発表」マネー・経済‐金融ニュース:イザ!
株価が急落し経営不安が強まっている米金融大手シティグループに対して、米政府は23日深夜、シティの不良資産最大3080億ドルを保護したうえで、200億ドルを追加的に資本注入する救済策を発表した。9月に金融危機が深刻化してから有力金融機関に対する大規模な個別救済は、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)以来。


世界最大の銀行シティもついに公的資金再注入へ - 行雲流水
6つの大陸に100の拠点を持ち、2億人の顧客を持つ米シティ銀行に2兆円の資金注入を米国政府、連銀は決断した。先の注入と合わせると4.5兆円という巨額で今回の金融危機の深さを物語るものだ。シティは世界最大のクレジット会社でもあり、詳細は判らないが住宅ローン以外にもクレジットカード社会である米国で消費者金融部門で不良債権が発生しているのかもしれない。またヘッジファンドにもかなり投資をして焦げ付いていることもあり得よう。発表では30兆円の不良債権があり、これも政府が保証をするとしている。
既に6割下がって4ドル割れのシティの株価がこれ以上下がると取り付け騒ぎになり世界経済に及ぼす影響が大きいと判断したのだろう。


Wings of Liberty
米国政府はCitiにさらに資金供給と債権保証です。

で、米国政府が昨年から救済したその額には驚く。

2.4兆ドル:FEDによるCP買取
2.0兆ドル:FEDによるその他のローン貸出
1.4兆ドル:FDICによる預金保護の追加
8920億ドル:TARP&Paulson分
3000億ドル:FHAの住宅差し押さえ対策
4440億ドル:FDICの住宅プログラム、含む住宅差し押さえ対策、
0.4兆ドル:その他
-----------------------------------
計7.8兆ドル

約750兆円ですね。これでも96円/$を保ってるドル円。

為替、不自然でおかしすぎですね。間接介入すげーよ。

年末に向け一気に82円ぐらいにいくと思うけど、どうでしょね。
タグ:Finance
posted by rawwell at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。