2010年03月11日

モバゲー、GREE、mixiとクリティカルマス

【Webマーケティング:リサーチ】モバゲー、GREE、mixiをすべて利用しているユーザーは全体の約1割(CNET Japan) - リサーチ/注目記事 - Webマーケティングガイド┃Webマーケティング情報ポータルサイト
3サイトそれぞれが非常にたくさんのユーザーを囲い込んでいるため、すでにクリティカルマスに達しているのではないかと思っていましたが、実はそんなことは全くなく、いつリプレイスされてもおかしくないような状態になるようです。
こうなると、各社は差別化戦略を強めていくはずですので、戦略次第では3サイトのパワーバランスが大きく変わっていく可能性もありますね。

edew公開延期と使命 | クリエイターのミカタ!
クリティカルマスポイントは、俗に言われているように、
業界・商材で決まっている・・・ワケではないのです。

mixiのポイントは、30万人を超えたあたりと言われています。2004年末頃。

一方GREEは、2006年初頭にユーザー数30万人を越えてから、若干増加に勢いがついたぐらい。これは「SNS」そのものの認知度が広まったからで、クリティカルマス通過によるものではないでしょう。


SNSのような、CGM=ユーザーの参加がコンテンツそのものの量を決めるネットメディアにおいて、いかに早くクリティカルマスを通過させるかは市場で生き残る為の最も大切な使命でもあります。


同じ条件、同じサービスにおいて生まれる「ブレイク格差」。

この差は、いろんな要因の結果生まれます。



 (1)黎明期ユーザーにオピニオンリーダーが存在する
 (2)ユーザビリティが高く、ユーザーに支持される
 (3)サービスそのものが新鮮で、他に選択肢が少ない
 (4)その業界の常識に合致している

などなど。

mixiとGREEで言えば、

 (1)当初芸能人や、人気ホームページを持つ個人がmixiの方が多かった
 (2)mixiの方が単純で、サーバの処理速度などが早くストレスが掛からなかった
 (3)SNSが日本では新しく、ネットで安全に交流が深められる手段が無かった
 (4)CGMのメリット「リアルタイム性」を強調する仕組みがmixiの方が優れていた

の差が、mixiのクリティカルマスを押し下げたと言えます。


CGMの分かれ目(前編): ぺたぺたしてってください(^^;
で、このクリティカルマスに達したのがmixiが速かった理由ですが、結局の所、後で考えてみればクリティカルマスに達するのが一番速い所に人が集まるというのがわかった訳ですが、当時(っていつ?)はそういう事を考えて積極的にクリティカルマスを越えようとするサービスが無かった。
その中で偶然mixiが一番最初にクリティカルマスを超えてしまった。
それだけの事でしょう。

前の日記のコメントでも書きましたが、@niftyも当時まだ多くの「オピニオンリーダー」であるフォーラムのSYSOPとかを抱えていた訳で、携帯なんかに色気を出さずに PC向けだけど携帯も可程度のSNSを始めて、SYSOPには無制限の招待権を与え、フォーラムをSNS内のコミュニティに移行させるような形で雪ダルマ (^^;を転がせばmixiを上回る可能性もあったのにそうしなかった。

このITmediaのコラムを書いてる伊地知氏所属のライブドアにしても、フレパで積極的にクリティカルマスを越えさせるような施策を取らなかった。
このクリティカルマスというのは、会員数もそうだけど、そこにある情報量にもクリティカルマスはある訳で、単にlivedoor IDを持ってれば会員というだけでは、人数は集まっても情報量が集まらない。
特にSNSで重要な人と人とのつながりという情報は、誰でも登録可能な形では蓄積されない。

そういった、当時としてはどのサービスも手探り状態で、クリティカルマスを超える事の重要性が認識されていなかった。そもそも、どの程度の人数、情報量がクリティカルマスなのかというのもわかってなかった中でmixiが抜け出たのはかなり偶然性が高いように思います。


モバイルSNSは2強体制から3強体制へ: 廣州ではたらく会長のここだけの話
私は300〜400万人のあいだに、モバイルサービスにおける・第一次沸点、クリティカルマスがあると常々言ってきた。クリティカルマスを超えた瞬間にマーケティング手法を変えて一気に飛躍したのは、先行したモバゲータウンを見ていればよくわかるが(クリティカルマスを超えたといってマーケティング活動に一服感を与えるのはよくない)、greeもテレビCMを展開するそうで(そんなお金あるんだ、すごいな)どういうやりかたをするのか、しばし注目してみたいと思う。一定のシェアをとった先行者のシェアを守ろうとする動きと、コミュニティーユーザーの回遊周期である2〜3年と重なるタイミングでユーザーがどういう動き方をするのか。


関連:
プロシューマ・ニュース: クリティカルマスって?
タグ:mixi
posted by rawwell at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143323656
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。