2008年12月13日

年内に韓国や東欧経済が突如破綻なんてこともありえるかも

切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog: ビッグ3救済案を葬り去るとは、アメリカ上院はかっこ良すぎる

 結局破綻なんだそうで、この数日の楽観ムードは何だったんだよという話ですが。

Auto bailout fails
http://www.reuters.com/article/politicsNews/idUSTRE4B50CL20081212
Rescue Bid for Detroit Collapses in Senate
http://online.wsj.com/article/SB122903816924599853.html

 「あの程度の金額を投じても救えないけど、政治的にもいろいろあるわけだし、諸般ご調整のうえ、右見て左見て手ごろなところで決着しましょう」というジャパニーズ視点からすると驚愕の救済法案決裂。

 あんだけ膨大なレガシーコスト抱えていつまでも政治的救済に頼るよりは、一度11条でも挟んで身軽になってから救えるところだけ救おうかという割り切りが凄いです。案外、正しい選択だったかもしれない、目先の心理は冷えまくるけど(笑)。

日経平均、大幅反落 終値484円安の8235円、米自動車の救済難で
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081212NTE2INK0612122008.html

 12月2日が再建案提出シメだったわけだから、そこから10日ぐらい経過して、結局「これじゃ駄目じゃんw ハイハイ破綻破綻」で終わらせるあたりがさすがカウボーイ。痛みに耐えまくり。この政権のうちに、膿は全部出しておこうというハラなんだろうけど、膿と切り捨てられるレガシーな自動車業界従業員の皆様はお疲れ様ですとしか言いようがないな。

 で、救済案が通ると見てアホほどビッグ3に投資傾注してたファンドがまた即死しそうなわけですが、今夜がお通夜で明日は告別式って感じなんでしょうかね。

 直接は関係ないけれども、抱えSIVで関連投資の損失を飛ばしていたあんな大手金融やこんな大手金融もいよいよ処理しなければならないぐらいの状況に陥るはずです。年内にあっと驚く救済されたはずの大手金融機関や保険かかんなくなる韓国や東欧経済が突如破綻なんてこともありえるかもしれない。取引や債務債権関係による連鎖秩序だった予測よりも、絶対値として引き潮に耐えられないところから順番に落ちる類かもしれないですなあ。

 一方、我が国は宰相が「漢字読めない」で野党に批判されてたりします。いやはや。

タグ:Finance
posted by rawwell at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。