2008年11月01日

韓国のデフォルトの可能性は事実上「ゼロ」になったと診断:シティグループ

経済情報集積所 : 【韓国経済】「韓国のリスクが大幅低下」ウォール街が評価[10/31] - livedoor Blog(ブログ)


【ニューヨーク30日聯合】米ウォール街の金融機関は、韓国銀行が米連邦準備理事会(FRB)と通貨スワップ協約を締結し、国際通貨基金(IMF)執行理事会も新興市場国を対象にした短期流動性融資制度(SLF)の開設を承認したことで、韓国のリスク度が大きく低下したと評価している。

シティグループは30日に韓国経済に関する会見報告書を出し、こうしたドル流動性支援措置は韓国の債務不履行(デフォルト)リスクを劇的に下げ、韓国金融市場の安定に相当に寄与するだろうと分析した。韓国の健全なファンダメンタルズ(基礎的事項)や十分な流動性支援などを考慮すると、デフォルトの可能性は事実上「ゼロ」になったと診断している。


また、韓国の利用可能な流動性規模は最低690億ドルに達し、外貨流動性やデフォルトリスクに関する一部投資家の懸念を解消するのに十分だと述べ、韓国がこうした流動性支援プログラムをすべて活用すれば、外貨準備高は3000億ドルに達すると説明した。


ただ、世界的な景気低迷や国内信用収縮、外債のデフォルトリスクという韓国経済・金融市場の3つの主要リスクのうち、デフォルトリスクは大きく低下したが、残りの2つは依然続き、金融市場に負担になるだろうと見通した。今回のドル流動性支援措置だけで金融市場の早期正常化を期待するのは楽観的すぎだと指摘している。


メリルリンチは同日の報告書で、韓米通貨スワップ協定を「驚くべき進展」と評価した。1946年以降、先進国から新興国への流動性供給はIMFを通じて行われてきたが、韓米の通貨スワップは非常に例外的な初のケースだと指摘している。FRBが声明で、今回通貨スワップ協定を結んだ4カ国のうち、韓国とシンガポールについて「基本的に健全かつきちんと管理されている経済圏」と明らかにした点も、肯定的なシグナルだと説明した。


ゴールドマン・サックスも、通貨スワップ措置は韓国の外貨準備高に対する投資家の懸念をぬぐい、ウォンの為替相場にも追い風になるだろうとしている。この措置と、先に発表された銀行の対外債務に対する政府の支払い保証が、銀行の債務満期延長に役立つものと評価した。


また、経常収支の改善と国際資金市場の収縮緩和見通しを反映し、今後3カ月、6カ月、12カ月のウォンの対ドル相場はそれぞれ1ドル=1250ウォン、1ドル=1150ウォン、1ドル=1120ウォンで維持されるものと予測した。




韓国、米国と300億ドル規模の通貨スワップ協定 - 韓国情報(宝飾、貴金属、アパレル、東大門市場など) - Yahoo!ブログ




韓国銀行と米連邦準備制度理事会(FRB)は29日(米東部時間)、300億ドル(約2兆9200億円)を限度とする通貨スワップ協定を結んだと発表した。



同協定は韓国の外国為替市場の不安感をぬぐい去るのに大きく寄与すると期待されている。期限は来年4月30日まで。



FRBは「ファンダメンタルズ(基礎的条件)が健全で管理がしっかりなされている国がドル資金の資金調達困難に直面しているのを軽減するための措置だ。世界の金融市場の流動性改善に役立つだろう」との声明を発表した。



FRBは韓銀だけでなく、ブラジル、メキシコ、シンガポールの中央銀行とも同様の条件の通貨スワップ協定を同時に締結した。



これにより、ドル不足解消に向けFRBと通貨スワップ協定を結んだ中央銀行は14行となった。



これまでにFRBと同協定を結んでいるのは、オーストリア、カナダ、デンマーク、英国、欧州連合(EU)、日本、ノルウェー、スウェーデン、スイス、ニュージーランドの各中央銀行。




ブラジル・メキシコ・韓国・シンガポールと通貨スワップ協定締結=米FRB:NBonline(日経ビジネス オンライン)




米連邦準備理事会(FRB)は29日、ブラジル、メキシコ、韓国、シンガポールとそれぞれ最大300億ドルのスワップ協定を締結した。世界的なドル資金調達難を緩和することが狙い。



FRBは声明で、今回の一時的な協定はそれぞれの中銀および金融当局の承認を得ており、2009年4月30日までの措置となる、とした。



「これらの措置は、他の中銀と既に締結した協定同様、世界金融市場における流動性状況の改善を助け、根本的に健全で良く管理された経済においてドル資金調達難の拡大を抑制するためのもの」とした。


posted by rawwell at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108916823
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。